市内の病院へマスクをお届けしました

市内の病院へマスクをお届けしました


市内の産婦人科の病院からご要望いただき、急ぎ本日マスクをお届けしました。

新型コロナウイルスの治療薬になりうるとして現在研究が進められているアビガンですがアビガンを使用することが妊娠に影響する可能性が示唆されています。

妊婦の方が新型コロナに感染して重篤化しても、アビガンが服用できませんので感染防止対策が最も必要な施設の一つです。

もっと沢山のマスクが必要です。世界的にマスクの需要が高まり、これまでマスクなど着けてなかった欧米で急に需要が高まり、世界的なマスク争奪戦になっております。

マスク本体のフィルター部や耳ひもまで不足しており、価格が高騰しており、従来の相場より非常に高値になっております。

なぜ日本ではマスク不足が解消しないのか、不思議に思い当社なりに原因を調べてみました。
世界的な需要増加で品不足ということが大きいですが、他にも要因がありそうです。 必要とする人がたくさんいるのに大手のスーパーやドラッグストアの店頭に並ばない理由として考えられることとして、相場が高騰しており仕入れに合わせて価格価格に転嫁すると便乗して儲けているのではないかと非難されるリスクがあること、また相場が急に下がって大損するリスクがあること これらのリスクが大きな要因ではないかと推定されます。
しかし誰かがリスクを取らないと感染拡大のリスクも、もっと増えます。非難覚悟で、できる範囲で当社でも輸入していきます。